講演者プロフィール

床呂郁哉の画像です。 床呂 郁哉 (ところ いくや)

1965年生まれ。東京大学大学院博士課程中退。現在東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所准教授。専攻は文化人類学。東南アジアのイスラーム圏の諸社会や日本各地における伝統文化、物質文化、「人間の安全保障」等のテーマについて調査研究を実施している。これまでフィリピン、マレーシア、インドネシアそして沖縄などでフィールドワークを行う。著書に『越境:スールー海域世界から』岩波書店(1999年)、共著に『「対テロ戦争」とイスラーム世界』岩波新書(2002年)など。

URL:http://www.tufs.ac.jp/research/people/tokoro_ikuya.html
青木 玲子 (あおき れいこ)

1956年生まれ。1987年スタンフォード大学大学院経済学博士課程修了、PhD取得。オハイオ州立大学,ニューヨーク州立大学,オークランド大学を経て2006年より一橋大学経済研究所教授 ・世代間問題研究機構長。専門は産業組織論,応用ミクロ経済学,法と経済学。知的財産と発明家の投資行動や厚生施設の家庭の育児行動への影響など,法律などの諸制度の人や企業行動への影響をゲーム理論などを使って分析・評価し,社会的に望ましい制度を模索する。総合科学技術会議議員。

URL:http://www.ier.hit-u.ac.jp/Japanese/faculty/aoki.html
玉村 啓和 (たまむら ひろかず)

1964年生まれ。京都大学大学院薬学研究科修士課程在学中に助手に着任。博士(薬学)。京都大学大学院薬学研究科講師,助教授を経て,2005年より東京医科歯科大学生体材料工学研究所教授。1999〜2000年米国衛生研究所/米国がん研究所に留学。専門はペプチド・天然物を基盤とした創薬化学。化学により生命現象を解明制御する「ケミカルバイオロジー」から,光により生命現象を解明制御する「センシングバイオロジー」を研究している。日本ペプチド学会奨励賞,日本薬学会奨励賞。

URL:http://www.tmd.ac.jp/i-mde/www/molb/molb-j.html
香川 利春 (かがわ としはる)

1950年生まれ。1974年東京工業大学工学部制御工学科卒業。1996年より東京工業大学精密工学研究所教授。自動制御,流体計測制御,生体計測などの研究に従事。計測自動制御学会,日本機械学会,日本シミュレーション学会などの評議員及び日本フルードパワーシステム学会副会長を務める。機械工学分野の圧縮性流体の計測制御,プロセス制御に約35年間従事。空気圧分野におけるISOに関連し,日本発技術のISO化に努力。また,留学生支援WG主査として東京工業大学の留学生会館の運営,宿舎借上げなどの業務も行っている。

URL:http://www.k-k.pi.titech.ac.jp/kagawa.html


 
Copyright (C) 2004-2009 Tokyo Institute of Technology